結婚相手とのコミュニケーション

次の「補色配色」は μ反対色を合わせる と考えて下さい。巻頭の《ステキに見える簡単配色セオリー》の図の中で、中央の矢印で結ぼれている色同士です。図の中の、黄色&紫、緑&赤、オレンジ&青は、反対色同士の基本です。補色(反対色)はメリハリのある色合わせなので、活発で個性的な印象になります。ですので、よくスポーツウェアなどにも取り入れられています。ドラマティックなコ ディネ トを楽しみたいときには、反対色の色合わせは元気がでます。そして 3番目の「類似色配色」ですが、この類似色配色は、相手にとって理屈でなく生理的に「何だかおしゃれな感じ」というイメージを持たれますので、うまくマスターしていただくととても便利な配色です。スタイリッシュな印象を与えるので、ショ ウインドウなどlこの類似色は少し難しいのですが、この《ステキに見える簡単配色セオリー》の図を使えば簡単!この図で隣り合っている色が類似色同士です。

黄色&緑、緑&青、青&紫、紫&ピンク、赤&オレンジ、オレンジ&黄色が類似色。
これらを実際に合わせてみて下さい。わりと簡単にステキなコ 1ディネ トになるので、私も良く使っています。
最後に「無彩色」との配色ですが、黒・白・グレ!といったいわゆるモノトーンは、無彩色と呼ばれています。そのほかの全ての色が有彩色となるのですが、例えばグレ!とピンク、白とブル 1:::などといった、モノトーンと有彩色との色合わせがそうです。
これは、モノトーンに合わせた有彩色のイメージが強くでますので、前出でお話した各カラ のイメージを思いだしながら使って下さい

出典:

DU018_L

Comments are closed.