結婚カラー

次は( のステキに見える配色術についてお話したいと思います。色合わせ上手な人になるには、 2つのポイントがあります。ひとつはグ色のト 1ンヘ色にはト 1ンというものがあります。トーンとは色の明るさのこと。トーンには「ライト」l「ビビット」「ダ 1ク」と 3種類あります。深い色昧(印象日洗練された。男性的な)例えば、緑色で上の 3つのト ンを表してみると、ライトト ンな緑は、パステルグリーllン。ビピットト lンな緑は、真緑(トゥル 1グリーン)。ダ 1クト 1ンな緑は、深緑(ダ 1クグリーン)。は今日はどう見せたいか?イメージつきますね。同じ緑色でもト 1ンが違うと相手に与える印象も違うのです。同じように赤や育、黄色などもト 1ンによって前の 3つのように印象が異なります。自分によってそのト ンの色を身につけてみて下さい。

そしてもうひとつのポイントは
同系色配色(印象日保守的、まとまりのある)
補色配色(印象日個性的、派手、大胆な)
類似色配色(印象日スタイリッシュ、おしゃれ)
無彩色【黒・白・グレ 1】との配色(印象日合わせた色のイメージ通り)配色 です。配色には 4通りの方法があります。
巻頭の《ステキに見える簡単配色セオリー》を参考にして下さい。「閥系色配色」とは、ひとつの色の濃淡のみです。同じ色のグラデ lシヨンと考えて下さい。
これは、同じ色で濃い色と薄い色を合わせれば良いのですから簡単ですね。同系色の色合わせは 色しか使いませんので、まとまりのある保守的なイメージになります。

出典:

DU032_L

Comments are closed.